[オーディオブック] 壺井栄『まないたの歌』
5f58ebc600f4d0474b8617b1

[オーディオブック] 壺井栄『まないたの歌』

¥0

※こちらはダウンロード商品です

DOJO-003_manaita.zip

5.46MB

収録分数:約5分 ナレーター:葵シャルドネ <内容紹介> 朝、なかなか起き出す気がしない文吉の耳に、コトリ、コトリと、まないたの音が聴こえてきました。 そろそろ起きようかなと思う文吉でしたが、お母さんに声をかけられると、また布団を顔の上までひっぱりあげてしまうのでした……。 <壺井栄(つぼい・さかえ)> 1899年、香川県小豆島に生まれる。夫は詩人の壷井繁治。 故郷の風土に根差した反戦的な児童文学を数多く執筆し、1967年に死去した。 代表作に『二十四の瞳』『母のない子と子のない母と』『柿の木のある家』などがある。