[オーディオブック] 壺井栄『モルトゲ』
5f58ecef37b0bc40c9406fa3

[オーディオブック] 壺井栄『モルトゲ』

¥110 税込

※こちらはダウンロード商品です

DOJO-004_moltke.zip

13.4MB

収録分数:約12分 ナレーター:沼端ひさの <内容紹介> ある正月、熊谷市に住んでいる妹夫婦が、生きたままの大きな鯉を連れて訪ねてきた。 鯉の強い生命力に打たれ、食べるのが惜しくなった一同は、鯉に「モルトゲ」という名前を付け、甲斐甲斐しく世話をし始める。 鯉にまつわる正月の出来事を綴ったエッセイ。 <壺井栄(つぼい・さかえ)> 1899年、香川県小豆島に生まれる。夫は詩人の壷井繁治。 故郷の風土に根差した反戦的な児童文学を数多く執筆し、1967年に死去した。 代表作に『二十四の瞳』『母のない子と子のない母と』『柿の木のある家』などがある。