[オーディオブック] 壺井栄『えくぼ』
5f601e5093f6190a877b5c4f

[オーディオブック] 壺井栄『えくぼ』

¥0

※こちらはダウンロード商品です

DOJO-005_ekubo.zip

7.23MB

収録分数:約6分 ナレーター:すみだれいこ <内容紹介> 「ね、初ちゃん、おねがいがあるの。」 ある日のお昼の時間、初子は清水先生にひとり呼び出され、言われました。 「初ちゃんにね、ミー子ちゃん係になってもらいたいんだけど……。」 ミー子ちゃんという子は、教室の中では絶対に口をきかない子で、遊ぶ時間にも、ひとり離れた場所でしょんぼりとしている子なのです……。 <壺井栄(つぼい・さかえ)> 1899年、香川県小豆島に生まれる。夫は詩人の壷井繁治。 故郷の風土に根差した反戦的な児童文学を数多く執筆し、1967年に死去した。 代表作に『二十四の瞳』『母のない子と子のない母と』『柿の木のある家』などがある。