[オーディオブック] 小酒井不木『遺伝』
5fa5431af0b10821a5db89cf

[オーディオブック] 小酒井不木『遺伝』

¥110 税込

※こちらはダウンロード商品です

DOJO-009_kosakai_iden.zip

12.2MB

収録分数:約15分 ナレーター:吉治郎 <内容紹介> K博士が刑法学者になったのは、無理心中を仕掛けられた過去に理由があるという。 当時大学を出たばかりだったK博士は、初花という美しい花魁と恋に落ちる。 ある晩、初花はそれまで誰にも話したことがないという秘密をK博士に打ち明けた。 初花の父は彼女が母の胎内にあるときに殺され、母は初花を産んで100日後に殺されたのだという。 K博士は好奇心から、初花の両親を殺害した犯人の調査を始めるのだが……。 <小酒井不木(こさかい・ふぼく)> 推理作家、翻訳家、医学博士。1890年生まれ。 医学研究の傍ら、創作や随筆、海外探偵小説の翻訳に力を注ぎ、黎明期の探偵小説の普及に大きく貢献した。 江戸川乱歩がデビューするきっかけとなるなど、彼との交流も知られている。 代表作に『恋愛曲線』『疑問の黒枠』『学者気質』などがある。